Flutterを導入する 〜iOS実機デバッグ編〜

導入方法

公式が分かりやすいので公式を見ながら導入
クロスプラットフォームお化けなだけあって、環境導入だけでもかなり時間かかる。

  • Flutter本体
  • Xcode (cocoapods)
  • Android Studio
  • etc

とりあえずXcode入れて手元のiPhoneでデバッグするところまでやる。

公式マニュアル

基本はマニュアル通り進めていけばOK

[注意点]


😨MacOS環境でflutter doctor時、「“idevice_id”は、開発元を検証できないため開けません。」みたいな警告が出る

com.apple.quarantine属性を切ることで警告を回避できる。
参考


😩XCodeで諸々設定して手元のiPhone11で実機デバッグしようとしたら、アプリがクラッシュする

実機のiOS13.3.1 + プロビジョニングがPersonal Teamで発生するらしい。13.3.1以前のiOSかPersonal Team以外のプロビジョニングを使うことで解決できる。

[参考]