**heroku**に**PointDNS**と**SendGrid**を導入して独自ドメインのメールアドレスから送信・受信をできるようにするための手順。 ### ドメインのレジストラ側の設定(**お名前.com**等) **お名前navi**の場合、設定したい独自ドメインのネームサーバー設定は、**heroku**に設定した**PointDNS**のネームサーバーを設定する。(「`dns○○.pointhq.com`」を3つ) ### PointDNSの設定 `MX`レコードを1件追加する。**Mail server hostname**にはメールサーバーのホスト名を指定する。 レンタルサーバーに付属のメールサーバーのホスト名は非公開のことが多いが、 ```sh nslookup -type=mx ドメイン名 ``` で取得できる。 **GMO**のメールサーバーの場合は、「`mx21.gmoserver.jp`」となる。 ### SendGridの設定 **Sender Authentication**より**Domain Authentication**と**Link Branding**を設定する。 設定中に表示されるネームサーバー設定(`CNAME`レコードを5件)を、**PointDNS**の管理画面内から追加すれば良い。 ### 注意 **SendGrid**で**Click Tracking**を有効にしている場合、メール本文内のURLの2回目以降のクリックが正しく動作しない場合がある。これは**heroku**のSSLでHTST設定が有効となっているためである。 これを回避するためには、**SendGrid**内の**Tracking Settings**より、**Click Tracking**を`Disabled`に変更すれば良い。 [参考](https://soudai.hatenablog.com/entry/2019/07/16/082105)
2020/07/07 19:49:25

コメント (0)

あなたもコメントしてみませんか

アカウント新規作成(無料)

既にアカウントを持っている方は ログイン