ざっとまとめると、今回行った手順は以下 ### 1. 各プラグインのnull-safety対応バージョンを調べる ``` flutter pub outdated --mode=null-safety ``` ### 2. null-safety対応していないパッケージを整理 別のパッケージを使うなり、使用をやめるなりする。 未対応パッケージがあるとマイグレーションツールが使えないため、1つ1つ手作業で修正する必要が出てくる。 ### 3. パッケージのバージョンをnull-safetableバージョンまで上げる ``` flutter pub upgrade --null-safety ``` ### 4. マイグレーションツールを使ってnull-safety対応 ``` dart migrate ``` なお、この時何度かエラーにぶち当たる。列挙すると、 - 自分で作っているdartファイルのimportがnull-safetyじゃない判定を食らう (それを解析するのがお前の役目じゃないのか) - パッケージ内部解析エラー (意味不明) - 自分で作ってるdartファイルのimportで例外が発生 (また?) ### 5. マイグレーションツールを起動 最終的に、上記のエラーメッセージの誘導に従って以下オプションを付けて起動 ``` dart migrate --skip-import-check --ignore-errors --ignore-exceptions ``` ### 6. APPLY MIGRATIONで一括修正 これでエラーの大半を解消できる。 続く ## 参考文献 - [基本的な参考記事](https://dtpscriptin.com/flutter2_upgrade/) - [エラー対処でお世話になった](https://zenn.dev/canisterism/scraps/e158056546accd)
2021/10/22 00:23:05

コメント (0)

あなたもコメントしてみませんか

アカウント新規作成(無料)

既にアカウントを持っている方は ログイン